person with toy airplane on world map
Photo by Andrea Piacquadio on Pexels.com
この記事で分かること

現状のアメリカ渡航に関して、必要情報が分かります!(2021年5月時点最新)

  • 今、アメリカ渡航するためには何をどうやって準備すればいいのか
  • 実際に日本からアメリカに渡航した際の流れ
  • アメリカ入国後にすべきこと

これからアメリカに向かわれる方、「何を準備すればいいの?」「抜け漏れがあったらどうしよう」等、不安要素多いと思います。

私もそうでした。

でも、無事に入国して今アメリカにいます。
大丈夫です。ポイントを抑えれば、準備はまったく難しくありません!

同じように不安を感じている方に、一人でも安心していただきたく、一連の流れや準備すべきことなどをまとめます。

スポンサーリンク

日本を出国する前の準備

通常準備しているパスポートとビザ以外に、下記3つの書類を用意する必要があります。

【1】
PCR検査の陰性証明書

▼まだどこでPCR検査するか決まっていない方はこちら

▼宅配検査キットを普通郵便で送ったら、間に合わずに焦った失敗例はこちら

※海外渡航に宅配検査キットを利用する場合は、必ず速達か宅配便の日時指定にしましょう。

▼フライト前日にクイックサービスで検査した一連の流れはこちら

【2】
誓約書(Attestation)

▼誓約書はこれだけチェックすればOK!

【3】
トラベラーヘルスフォーム(ニューヨーク州のみ)

出来れば渡航前に記入して、最後の完了ページのスクリーンショット等があれば安心ですが、
・登録させることが目的なので、どこかで見せろと言われることはない
・登録は、到着後でもOK(空港で登録促進の案内をやってる)

ので、あとまわしにして到着後に考える感じでも大丈夫です!

トラベラーヘルスフォーム(英語ページ)

日本出国からアメリカ入国の流れ

▼2021年4月下旬に羽田空港からJFKに渡航した際の、詳細を時系列でまとめています。

アメリカ入国後にやるべきこと

【1】
(出国前に未実施なら)トラベラーヘルスフォーム(ニューヨーク州のみ)

出国前準備のところで触れましたが、もし出国前に登録してなければ、こちらの登録が必要です。

トラベラーヘルスフォーム(英語ページ)

【2】
PCR検査

州によってルールが異なりますが、ニューヨークの場合、ニューヨーク到着後3~5日以内に検査を受ける必要があります。
CityMDでは、予約なしで無料でPCR検査を受けることができます。

【3】
義務ではない自主隔離(ニューヨーク州)

到着3〜5日後に検査を受けた場合は7日間、検査を受けなかった場合は10日間の自主隔離が必要。
ただし義務ではありません、

以上、アメリカ渡航に関するToDoまとめでした。
これからアメリカ入国される方、お気をつけてよいフライトを!

スポンサーリンク

Twitterもやってます(ニューよう子 @ny_detour)

おすすめの記事