set of blood test vials arranged on pink table
Photo by Alena Shekhovtcova on Pexels.com

海外渡航に向けてのPCR検査、どこで受ければいいのか実際、私も迷いました。
これから渡航を予定されている方の少しでも参考になればと、海外渡航用のPCR検査を提供しているサービス主要6社を比較してみました。

あくまでも海外渡航用の視点で、オススメのPCR検査サービスもまとめています。

スポンサーリンク

宅配キット検査 vs. 来院検査 

初めて受ける方も多いであろうPCR検査。
まず、宅配キットで大丈夫なのか、来院検査をすべきなのかも気になります。
それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。こちらを踏まえて、次の各社サービス比較を見ていただけたらと思います。

宅配キット検査のメリット・デメリット

宅配キット検査のメリット
  • 全国どこからでも受けられる
  • 家にいながら受けられる(そのために外出しなくていい)
  • 比較的価格が安い
宅配キット検査のデメリット
  • 全てオンラインなので、普段からZoom等に慣れてないと難しく感じる
  • 郵送して病院に検体到着するまでのロスがある
  • 陰性証明書取得に必要なオンライン診療の予約が必要(都合よく取れないときがある)

宅配キット検査は、最寄りの病院を探さなくてもどこからでも受けられるのと、比較的値段設定が安めになっているところが特徴です。
ただ、普段からインターネットをよく使ったりオンラインミーティングをしてたりする人でないと、難しく感じてしまうかもしれません。

宅配キット検査に向いてる人

  • 地方や、近くに対応病院がないエリアに住んでいる人
  • 自分でオンライン診療や梱包・送付する手間をかけても、比較的安価に実施したい人
  • 検体採取後すぐに宅配や速達で送れる環境にある人(けっこう大事!)

宅配キット検査実施時の注意点

アメリカ本土の場合、渡航時のPCR検査(陰性証明書)の条件が、「出発前3日以内の検査」なのですが、他の国でも「3日以内」「72時間以内」等、似たようなところは多いと思います。

この「3日」って、(アメリカ本土の場合は)出発日は含まないのですが、だとしてもけっこうタイトです。
1日遅れるだけで、命取りになります。

実は私もアメリカ渡航前に、出発3日前に受けた宅配キット検査の郵送を、普通郵便で出してしまったばかりに、3日後の出発日までに検査結果が間に合わず、再度別のところでPCR検査を受けるはめになってしまいました。

もし宅配キット検査を利用される場合は、検査後の検体は必ず「速達」か「日付指定の宅配便」で出されることを強く推奨いたします。(でないと間に合わないです!)

来院検査のメリット・デメリット

来院検査のメリット
  • 検体採取から結果が出るまでが早い
  • 対面で実施できるので安心感がある
  • 検査機関で検体採取するので確実(家で実施する失敗や、郵送の心配がない)
来院検査のデメリット
  • 家の近くにない場合、指定期間内に病院や検査機関に出向く必要がある
  • 予約が取りづらい
  • 価格が高め

来院検査は、普段病院に行くのと同じようなフローなので安心感があります。
最近は対応している病院も増えてきているので、近所の個人病院でも、ダメ元で聞いてみると意外と実施していたり、ということもあるかと思います。

また、宅配キット検査の場合は、陰性証明書のフォーマットが決まっている場合がほとんどですが、来院検査だと様式を相談できるところも多いようなので、あまり渡航例がないような国のルールなどで表記すべき内容を変更したい場合等は来院のほうがよさそうです。

来院検査に向いてる人

  • 対応している病院が近くにある人
  • 病院で対面で確実に実施したい人
  • 陰性証明書の様式を相談したい人

来院検査実施時の注意点

地方で近くに病院がない方でも、海外渡航の際には必ず通る場所で利用できる来院検査として、空港に開設されているPCR検査センターがあります。現時点で、羽田にも成田にもどちらもあります。

まさに渡航用の実績は多いでしょうし、安心感もあり、空港ということで便利でもあるのですが、1点注意が必要です。

ここで万が一「陽性」が出た場合、せっかく空港にまで来ていますが、飛行機には乗れません。

検査なので、必ずしも全員「陰性」が出るとは限らないので、やはり数日前に宅配なり来院なりで検査して、万が一「陽性」が出ても、飛行機の変更やその後の日程調整等、落ち着いてできるスケジュールが望ましいのではないかと思います。

PCR検査サービス6社比較

とりいそぎ表にしてみたのですが、とくにモバイルだと見づらくてすみません。PC閲覧推奨です。

※こちらの記載内容は、現在(2021年5月)時点での各社ホームページ情報等に基づいています。
各国の渡航条件も、各サービスの提供内容も、日々変化しており、渡航時に必ずご利用いただけることを保証するものではありません。最新情報は必ずご自身で大使館等にご確認ください。

随時更新していきますので、もし記載内容より新しい情報があったり、実際に体験された方のご感想等がございましたら、このサイトのお問い合わせページか、私のTwitter等でご連絡いただけましたら助かりますmm

(2021年5月時点の情報)芝国際クリニックTケアクリニックにしたんクリニックPROUMED LAB羽田空港第3ターミナルクリニック成田国際空港PCRセンター
宅配 or 来院来院のみ宅配 / 来院宅配 / 来院宅配のみ来院のみ来院のみ
検査方法唾液採取 / 鼻咽頭唾液採取 / 鼻咽頭(*鼻咽頭は来院のみ)唾液採取 / 鼻咽頭(*鼻咽頭は来院のみ)唾液採取唾液採取唾液採取 / 鼻咽頭
対応渡航先全世界対応
*70以上の国・地域の実績あり
ハワイ州・中国大使館のPCR検査指定医療機関。
50ヵ国以上の国へ発行実績あり
アメリカ、ハワイ、カナダ、韓国、台湾、タイ、ベトナム、シンガポール、インド、フランス、イギリス他明記なしだが、筆者が実施してアメリカ対応の陰性証明書だと確認済み
※中国・ハワイ非対応
ハワイ州PCR検査指定医療機関。他の国も対応していると思うが明記なしハワイ州・中国大使館のPCR検査指定医療機関。他の国も対応していると思うが明記なし
検査実施場所浜松町(東京)来院:浜松町(東京)

宅配:全国
来院:銀座(東京)他

宅配:全国
全国(郵送)羽田空港第3ターミナル 1階エントランスプラザ成田国際空港・第1ターミナル中央ビル3階・第2ターミナルビル1階
検査費用(税込)唾液:15,400円

鼻咽頭:18,700円
来院:16,500円

宅配:10,900円
16,500円(宅配は別途送料660円)9,900円38,500円(陰性証明書込み)30,000円(陰性証明書込み)
陰性証明発行費用(税込)4,400円

*別の様式を相談可能
来院:様式によって異なり、5,500〜11,500円

宅配:5,500円
5,500円

証明書サンプル
3,300円

証明書サンプル
検査費用に込み
*英語表記のみ

証明書サンプル
検査費用に込み

*別の様式を相談可能
【宅配】キット発送までの期間14時までの支払で当日発送申込みから最短で1~2日最短で申込翌営業日
結果通知までの期間検査日より2営業日以内来院:原則24時間以内

宅配:14時までの検体到着で当日
検体受領後、24時間以内検体到着後、最短3時間〜24時間検体提出後、最短2時間最長4時間受付から最短2時間
【来院】当日クイック結果対応◯(追加3,300円)

12時までに検査受付を完了で当日17時に陰性証明書発行
◯(追加5,500円)

検査結果のみ。陰性証明書は翌日
◯(追加3,300円)

東京、愛知、大阪、福岡で実施
なし◯(検査費用に込み)

チェックインの5時間前の実施が必要
◯(検査費用に込み)
【来院】営業時間10:00~12:00/13:00~18:00(完全予約制)検査時間:9時~14時半/15時半~19時
土日祝祭日も受診可能
12:00〜20:00(土日祝日を含む)
午前9時~11時半・
午後13時~17時半
第1ターミナル:9時~17時 ※事前予約なしでも受付可能(別料金)

第2ターミナル:24時間365日対応
備考JAL公式HPにて紹介

日本語・English・中文・français・Español・한국어 でサポート可能
JAL公式HPにて紹介ANA公式HPにて紹介他の医療機関で受検した場合(紹介状必要)でも陰性証明書を発行
予約Webサイト芝国際クリニック▶️来院
▶️宅配キット
にしたんクリニックPROUMED LAB羽田空港第3ターミナルクリニック成田国際空港PCRセンター

実際に利用してみた

今回、2021年4月下旬にアメリカ本土に渡航するにあたって、「にしたんクリニック」と「PROUMED LAB」を利用しました。

端的に言うと、「PROUMED LAB」の宅配キットで検体採取して送付したところ、普通郵便で送ったので3日もかかってしまい、フライト前日にあわててにしたんクリニックのクイック検査を受けた次第です。

何はともあれ、無事アメリカに入国できました。

👇にしたんクリニック(クイック検査)

👇PROUMED LAB(ANA提携PCR検査)

結論:オススメのPCR検査サービス

結論としては、それぞれの状況に応じて相性の良いところで実施するのがよいかと思います。(下記は一例です)

最後まで読んでいただきありがとうございました。
もし、どなたかの参考になりましたら幸いです。

繰り返しになりますが、随時更新していきますので、もし記載内容より新しい情報があったり、実際に体験された方のご感想等がございましたら、このサイトのお問い合わせページか、私のTwitter等でご連絡いただけましたら助かりますmm

スポンサーリンク

Twitterもやってます(ニューよう子 @ny_detour)

おすすめの記事