woman walking on pathway while strolling luggage
Photo by Alexandr Podvalny on Pexels.com

アメリカ渡航にあたり、ANA提携のPCR検査キットを申し込んだ。

アメリカ本土対応していることはチェックして確認済みだが、気になったのは「中国・アメリカ(ハワイ州)・欧州の多くの国への入国時に必要な陰性証明書としては、ご利用いただけません」との記述。
どうやらルールが異なるらしい。

日本からハワイに渡航する方は、日本を出発する72時間以内にハワイ州保健局が指定する日本国内の医療機関で、厚生労働省により承認されているPCR検査を含む核酸増幅検査(※NAT)を行い、ハワイ州保健局が指定する陰性証明書(英語)を提示すれば、ハワイでの10日間の自己隔離が免除されます。ご旅行前に上記の英語の陰性証明書をご準備ください。(5歳以上のお子様は検査を受ける対象となります。)

ハワイツーリズム COVID-19情報サイト

自分がアメリカ本土渡航に際して必要なPCR検査を調べる中で、中国・ハワイ州対応のPCR検査を見つけたので記載しておく。

安心感のある航空会社提携

私が申し込んだのはANA提携のクリニックだが、JALも提携クリニックを紹介している。

▶️ JAL 提携クリニック
▶️ ANA 自宅検査キット

そのうちのひとつ、JAL提携のTケアクリニックは、ハワイ州・中国大使館PCR検査指定医療機関として、来院検査で提供しているとのこと。

ハワイ州・中国大使館PCR検査指定医療機関「Tケアクリニック」

来院検査ということで、宅配検査よりも少しカロリーがかかるイメージだが、場所を調べてみると、浜松町から徒歩4分と空港までのアクセスも便利な立地なので、渡航前の準備の中でスムーズに受診することができそう。

検査費用は16,500円(税込)で土日祝日も対応とのこと。
もちろん規制内容は常に変更があるので逐一チェックして実施する必要があるが、航空会社提携ということで最新情報をベースにしているのではないかという安心感もあるし、中国やハワイ州に渡航する人にとっては確実な手段のひとつなのではないかと思う。

中国・ハワイ州も対応
▶️【Tケアクリニック】来院PCR検査

ちなみに、下記は中国やハワイ州対応ではないが、Tケアクリニックでは即日発送での宅配PCR検査も提供している。

▶️【最短即日発送】PCR検査はTケアクリニック

スポンサーリンク

Twitterもやってます(ニューよう子 @ny_detour)

おすすめの記事